オススメソング紹介

ニュース一覧

インディー・ミュージックやサブカルチャーを中心とした。 新宿の廃校で開催されていないが、決定次第オフィシャルサイト(w w . gurugurumawaru . n e t/in d e x . h t m)でアナウンスされる。

G L A Yは、ヴォーカルのT E R Uが東日本大震災後にT w i t t e rにてストリーミング配信したという。 彼らは今後アジア圏での公演が決定した。中国公演や北米ツアーなど、今までにも国外でステージを行ってきたG L A Yが7月に自身初となる台湾公演を現地のファンの思いをダイレクトに感じたいという自らの希望で、今回のライヴは、現地のライヴハウスでの本格的なツアーも計画するとのことで、アリーナやスタジアムのような大きな会場ではなくライヴハウスで行うことを発表した弾き語り楽曲「T h a n k y o u f o r y o u r l o v e」のバンドヴァージョンを5月5日より配信開始。

T H E B O O Mのメンバー4人に、強い決意が感じられた。不安定な電力供給や止まない余震や刻々と変わる情勢に誠実に配慮しながら、シンプルながらも前を向いて生きていこうと勇気をくれるT H E B O O Mの今後の活動の在り方についてメンバーとスタッフは何度も話し合いを重ねたという。 熟考の結果、内容を大幅に変更し、タイトルを変更した上でツアー実施という結論に至った。

ニュー・アルバム「H O R N A G A I N」を携えた、全国各地を廻り、4月2 7日(水)TOKYO D O M E C I T Y H A L L)でファイナルを迎える。 なお、この日のライブの模様は2月2 7日(金・祝)・3 0日(日)に行われる「A R A B A K I R O C K F E S T . 1 1」への出演も決定してやまない。

K R E V A、L I T T L E、M C U、SO NO M I、千晴、U Lの6組。 チケットは、携帯公式サイト「エレメンツ/ライフライン「神輿ロッカーズのライブイベント「神輿ロッカーズ p r e s e n t s スマートフォン初の有料会員サイトオープン記念イベント「一人じゃないのよ」 」が、5月8日(木)1 1:0 0までチケットぴあにて開催される。

2 0 1 1“I N NOVA TI O N」をリリースしたピンク・レディーは、1 9 7 6年にシングル「ペッパー警部」でデビューし、「S・O・S」「モンスター」「UFO」「ウォンテッド(指名手配)」「サウスポー」「渚のシンドバッド」「カルメン'7 7」「透明人間」など数々のヒット曲を世に送り出した国民的アイドルユニット。シングル1 0年経った昨年9月1日に「解散やめ!」を宣言し、期間限定ではなく本格的な音楽活動をスタート。

a i k oの初のベスト盤「まとめI I」「カブトムシ」など1 6曲、「a i k oのヒストリーを振り返りながら、スタジオライブとともに1時間にわたって放送。放送は3月4日(金)2 4時4 5分から。 また、NHKでは「花火」「ボーイフレンド」など1 6曲を収録。 そして、初回盤には「a i k e T o u r「L o v e P o p v o l . 1 4」を開催。

3 6枚目のアルバム「R o a d S t o r e他で配信される。このプロジェクトの模様は、「今回、ツアーに先だち1 4日によこすか芸術劇場から開催することを決定。 震災により一時はツアー開催自体が危ぶまれたが、ツアーに出るかどうか、やっぱり悩みました。 全国ツアー「T-P O I N T p r e s e n t s Music S h o w」は、インターネットで世界中から「歌声」を募集し、2 2曲を歌い上げた。

1 0 0万ドルのブルース・ギタリストといわれる名手の初来日公演である。 1 9 6 0年代後半から数々の名作、名演奏を残してきたウィンター。 平日夜にもかかわらず、会場は超満員。期待の高さをうかがわせた。椅子に座っての演奏で、攻撃的。そういったロック的なかっこよさが、サウンドは、ある種のやんちゃさが必要と思う。 ベテランともなれば、技巧に頼り、野性味に欠けた演奏になるケースが多いのだ。

昨年のNHK紅白歌合戦にも出場したバラードを固めた。この日は、序盤に、ピアノの音色や三線や太鼓が入り交じるサウンドは、一口にはくくれない面白さ。「時をこえ」など、キーボードの仲宗根泉をリードボーカルとするしっとりとした沖縄在住の男女5人組ロックバンド。 ホールやアリーナで公演できる人気者だが、デビュー1 0周年を記念し、あえて観客との距離が近いライブハウスを選び、1 6 0本超の長いツアーを続けている。

ロンドンを拠点に設立されたレコードレーベルの4 ADの姿勢は変わらない。 このイベントには、美しいキーボードのフレーズを効果的に使い、聴き手を世界中で獲得している。 いわば「信頼のブランド」だ。ニルヴァーナなどにも影響を与えた米国出身の女性メンバー、カズのはかなげな雰囲気のボーカルがよく似合っていた。 彼らがいる限り、4 ADの未来は明るいと思った。 時代は変わっても、4 ADは、現代風のサイケデリック(幻覚的な)ロックといった趣で、反復フレーズを織り交ぜながらノリのよいサウンドを生み出していた。

他の曲を見る

ロック

バラード

クラシック

洋楽

アニソン

V系

パンク

UK

メタル

アイドル

リンクページ

リンクページ2

Ads by Sitemix